料理動画

高校時代の最初の仕事の1つは、ボストン郊外のイタリアンレストランで料理をすることでした。私はすぐにペストリーの仕事をするために上に移動し、その後ニューベリーストリートのダビオズでスーシェフになりました。何年にもわたって、私はエンジェルズアンドニューリバーズ(ジェームズビアード財団賞を受賞)のプロビデンスで働いていました。建築だけに焦点を移しても、料理への情熱は変わりませんでした。最近、私は私たちの家の主なシェフであり、数人の友人から100人以上のゲストまでパーティーを主催しています。自分が作ったものについていつも質問があるので、家で夕食体験のフィルムを編集し始めました