機密本部

ゲンスラーと協力しながら実現したプロジェクト

この秘密の本部プロジェクトは、私がほぼ8年間取り組んできた一生に一度のプロジェクトの1つでした。何百ものスケッチから、技術的な詳細、そして最終的には非常に詳細な構造図まで、この建物ではすべての詳細が考慮されました。イタリアのほとんどの壁にトラバーチンを調達し、スラブを中国に出荷して切断および成形しました。中国の現場では、建物の内部スキンの多くが組み立てられました。その後、現場に再度設置するために、ばらばらに出荷するようにマークが付けられました。メインホールは高さ40フィートのスペースで、窓枠には薄い石のスラブがあり、柔らかな自然光が入ります。