灰と雪

サンタモニカ

ゲンスラーと協力しながら実現したプロジェクト

2005年には、グレゴリー・コルベールの「Ashes and Snow」の2回目のイテレーションで、坂茂とコラボレーションしました。輸送用コンテナで建てられた50,000平方フィートの仮設博物館で、自然環境にいるアーティストの特大の動物や人々の写真が収められています。このプロジェクトでは、Shigeru(またはShiggy)と素晴らしい関係を築きました。ルーズなスケッチのファックスを受信し、非常に短い時間枠でこのプロジェクトを構築する方法の設計と詳細を開発しました。元Circuedu Soleilのテントエンジニアと協力して屋根システムを設計し、本屋をほぼ完全に段ボールと紙でカスタムメイドしました。博物館がオープンしたとき-それは毎日満員で、ロサンゼルス中からの学生がサンタモニカピアにバスで運ばれ、博物館を直接見て体験しました